コラム一覧

夏までに自信をつけよう。輝く素肌を手に入れるためのボディケア方法

  • home
  • コラム一覧
  • 夏までに自信をつけよう。輝く素肌を手に入れるためのボディケア方法

夏までに自信をつけよう。輝く素肌を手に入れるためのボディケア方法

柔らかくなめらかな肌は、女性を美しく見せてくれるもの。
とくに夏は肌の露出が増えるため、ボディケアが必須です。
ボディケアの基本といえる“洗浄”と“保湿”の方法を見直して、夏の太陽に負けない輝きを放つ美しい素肌を手に入れましょう。
今回は、夏に向けて取り入れるべき、体の洗い方と保湿方法をご紹介いたします。

ボディケアの基本、体の洗い方を見直そう

夏を目前にしたこの時期は、気温や湿度が高まるために汗や皮脂の分泌が増加します。
このような汚れをきちんと落とさずに肌に蓄積させてしまうと、毛穴詰まりやニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなるため注意が必要です。
とくに、デコルテや背中などは皮脂の分泌量が多く、ニキビなどのトラブルも起こりやすいパーツです。
水着を着ているときなどは注目が集まる部位でもあるので、丁寧に洗って健やかで美しい肌をキープしましょう。

体を洗うときには“手”を使おう

体を洗うときはナイロンタオルなどを使って擦り洗いする方が多いと思いますが、強く摩擦を与えるようなゴシゴシ洗いはNGです。
汚れが落ちるどころか摩擦によって肌にダメージが加わり、乾燥や色素沈着などのトラブルが起こる可能性があります。

しっとりなめらかな素肌に整えるためには、肌に必要なうるおいを残しながらやさしく洗うことが大切です。
そのためにも、たっぷりとボディソープの泡を当てて、手で洗うことを心がけましょう。泡立てネットなどを使うと、簡単にモコモコ泡を作ることができます。
体と手のひらの間にモコモコ泡のクッションをはさんでいるようなイメージで、泡を転がしながら体を洗いましょう。
赤ちゃんの肌を触るときのようにソフトタッチで行うのがポイントです。

また、ボディソープをこだわって選ぶことも忘れてはいけないポイント。
うるおい成分が配合されたボディソープを選んで、洗うたびにしっとりすべすべな肌を目指しましょう。

ボディケアに欠かせない、保湿の仕方を見直そう

汗や皮脂の分泌が増える季節は、肌の保湿ケアを怠りがちですが、実は紫外線や冷房の影響で乾燥が起こりやすくなっています。
触れたくなるような魅力的な素肌に整えるためには、夏も保湿ケアが欠かせません。
丁寧な保湿ケアを行って、夏の厳しい環境に負けない強く美しい肌をキープしましょう。

夏場のボディ保湿には“ボディローション”を使おう

夏場でも保湿ケアが必須とはいえ、こってりとしたボディクリームやボディオイルを使うとベタつきが気になることも……。
汗や皮脂の分泌が増える暑い夏のボディケアは、サラリと仕上げたいですよね。
そこでおすすめなのが、軽いテクスチャーが魅力のボディローションを使った保湿ケアです。
水分が多いボディローションは肌にすっとなじんでいくので、気になるベタつきを防ぐことができます。
顔に化粧水をなじませるときと同じように、やさしく丁寧に伸ばしましょう。
また、保湿ケアはお風呂上がりのタイミングで行うのが一般的ですが、バスタイム後の肌は水分が奪われやすく乾燥しやすい状態になっています。
肌のうるおいを守るためにも、お風呂上がり後は1秒でも早く保湿ケアに取りかかるよう心がけましょう。

時間や手間をかけて丁寧にボディケアをすれば、その成果にきっと肌は応えてくれます。
肌に注目が集まる夏の季節に向けて、日々のボディケアをしっかりと行っていきましょう。
弊社でも、肌にやさしいボディソープとボディローションを取り扱っています。日々のボディケアにぜひ取り入れてみてください。

すっきり洗浄!おすすめハンドソープはこちら

ページトップへ