コラム一覧

ふんわり優しく香る「ボディミスト」の付け方って?

  • home
  • コラム一覧
  • ふんわり優しく香る「ボディミスト」の付け方って?

ふんわり優しく香る「ボディミスト」の付け方って?

いい香りに包まれていると、気分がリラックスしたり、幸せな気分になったりしますよね。
自分自身が良い香りだと、テンションも上がります。
香水も素敵だけど、手軽に良い香りを楽しめる「ボディミスト」もおすすめです。
ここでは、ボディミストの特徴や付け方のポイントをご紹介します。

そもそも「ボディミスト」って? 香水とどう違うの?

「香りを身にまとう」というと、香水を思い浮かべる方が多いと思います。
香水にも、「パルファム」「オードパルファム」「オードトワレ」など、香りの強さや持続性によっていろいろな種類があることをご存知の方も多いでしょう。

では、「ボディミスト」もこうした香水の一種なのかというと、そうではありません。
香水は香りを付けることを目的としたものですが、ボディミストは、どちらかといえばスキンケアやリラックス効果を目的としたものです。
ボディ用の化粧水に、良い香りが付いているとイメージするとわかりやすいと思います。
このため、ボディミストには、香水には含まれない保湿成分や美容成分などが含まれています。
また、香水と比べて香りは弱く、持続時間も短いのが特徴です。

ボディミストの付け方、押さえておきたいポイント

「ボディミストがどんなものかはなんとなくわかったけど、どんな風に使えばいいの?」というボディミスト初心者さんのために、付け方のポイントをご紹介します。

1.乾燥が気になる部分に付けよう

香水は、手首や耳の後ろなどに付けるのが一般的ですよね。
これは、体温が高くなりやすい血管付近に付けることで、香水が揮発して香りやすくするためです。
でも、先ほどお伝えしたとおり、ボディミストは本来スキンケアに役立つもの。
香らせることを意識した場所に付けるよりも、肌の乾燥が気になるところや、乾燥しやすいところに付けるのが効果的です。

2.1回に付ける量は1~2プッシュ

「スキンケアが目的なら、たっぷりと付けたほうが効果的なのでは?」と思われるかもしれません。
でも、あまり大量に付けたのでは、かえって肌表面の水分の蒸発が促され、肌が乾燥する原因になりかねません。
また、香りが弱いとはいえ、過剰に付ければ「良い香り」を通り越して周囲の人などに不快な思いをさせる可能性もあります。
1回に付けるボディミストの量は1~2プッシュで十分です。

3.こまめな重ね付けで香りと保湿効果が持続

ボディミストを付けた直後は、ふんわりと優しく香りますが、香りの持続時間はあまり長くありません。
1~2時間おきにこまめに付け直すことで、ほどよい香りを保つことができます。
もちろん肌の保湿という点からも、こまめにボディミストを重ね付けするのはおすすめです。
香水のように、時間の経過で香りが変化するようなものではないので、気軽に重ね着けできるのがうれしいですね。

すっきり洗浄!おすすめハンドソープはこちら

  • 2019.03.01
  • 12:02

夏までに自信をつけよう。輝く素肌を手に入れるためのボディケア方法

  • home
  • コラム一覧
  • 夏までに自信をつけよう。輝く素肌を手に入れるためのボディケア方法

夏までに自信をつけよう。輝く素肌を手に入れるためのボディケア方法

柔らかくなめらかな肌は、女性を美しく見せてくれるもの。
とくに夏は肌の露出が増えるため、ボディケアが必須です。
ボディケアの基本といえる“洗浄”と“保湿”の方法を見直して、夏の太陽に負けない輝きを放つ美しい素肌を手に入れましょう。
今回は、夏に向けて取り入れるべき、体の洗い方と保湿方法をご紹介いたします。

ボディケアの基本、体の洗い方を見直そう

夏を目前にしたこの時期は、気温や湿度が高まるために汗や皮脂の分泌が増加します。
このような汚れをきちんと落とさずに肌に蓄積させてしまうと、毛穴詰まりやニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなるため注意が必要です。
とくに、デコルテや背中などは皮脂の分泌量が多く、ニキビなどのトラブルも起こりやすいパーツです。
水着を着ているときなどは注目が集まる部位でもあるので、丁寧に洗って健やかで美しい肌をキープしましょう。

体を洗うときには“手”を使おう

体を洗うときはナイロンタオルなどを使って擦り洗いする方が多いと思いますが、強く摩擦を与えるようなゴシゴシ洗いはNGです。
汚れが落ちるどころか摩擦によって肌にダメージが加わり、乾燥や色素沈着などのトラブルが起こる可能性があります。

しっとりなめらかな素肌に整えるためには、肌に必要なうるおいを残しながらやさしく洗うことが大切です。
そのためにも、たっぷりとボディソープの泡を当てて、手で洗うことを心がけましょう。泡立てネットなどを使うと、簡単にモコモコ泡を作ることができます。
体と手のひらの間にモコモコ泡のクッションをはさんでいるようなイメージで、泡を転がしながら体を洗いましょう。
赤ちゃんの肌を触るときのようにソフトタッチで行うのがポイントです。

また、ボディソープをこだわって選ぶことも忘れてはいけないポイント。
うるおい成分が配合されたボディソープを選んで、洗うたびにしっとりすべすべな肌を目指しましょう。

ボディケアに欠かせない、保湿の仕方を見直そう

汗や皮脂の分泌が増える季節は、肌の保湿ケアを怠りがちですが、実は紫外線や冷房の影響で乾燥が起こりやすくなっています。
触れたくなるような魅力的な素肌に整えるためには、夏も保湿ケアが欠かせません。
丁寧な保湿ケアを行って、夏の厳しい環境に負けない強く美しい肌をキープしましょう。

夏場のボディ保湿には“ボディローション”を使おう

夏場でも保湿ケアが必須とはいえ、こってりとしたボディクリームやボディオイルを使うとベタつきが気になることも……。
汗や皮脂の分泌が増える暑い夏のボディケアは、サラリと仕上げたいですよね。
そこでおすすめなのが、軽いテクスチャーが魅力のボディローションを使った保湿ケアです。
水分が多いボディローションは肌にすっとなじんでいくので、気になるベタつきを防ぐことができます。
顔に化粧水をなじませるときと同じように、やさしく丁寧に伸ばしましょう。
また、保湿ケアはお風呂上がりのタイミングで行うのが一般的ですが、バスタイム後の肌は水分が奪われやすく乾燥しやすい状態になっています。
肌のうるおいを守るためにも、お風呂上がり後は1秒でも早く保湿ケアに取りかかるよう心がけましょう。

時間や手間をかけて丁寧にボディケアをすれば、その成果にきっと肌は応えてくれます。
肌に注目が集まる夏の季節に向けて、日々のボディケアをしっかりと行っていきましょう。
弊社でも、肌にやさしいボディソープとボディローションを取り扱っています。日々のボディケアにぜひ取り入れてみてください。

すっきり洗浄!おすすめハンドソープはこちら

  • 2019.03.01
  • 11:57

新常識! つぶつぶのスクラブ入りハンドソープを使うメリット3つ

  • home
  • コラム一覧
  • 新常識! つぶつぶのスクラブ入りハンドソープを使うメリット3つ

新常識! つぶつぶのスクラブ入りハンドソープを使うメリット3つ

美しい手を保つためにハンドクリームにこだわる方は多いですが、その1つ前のハンドソープにまでこだわる方は少ないもの。
しかし、手洗いこそハンドケアの第一歩といえます。美しく清潔な手をキープするためには、ハンドソープにこそこだわって汚れをきちんと落とすことが大切です。
そこで今回おすすめしたいのが、スクラブ入りのハンドソープ。
スクラブといえば顔や体に使うものというイメージがあるかもしれませんが、手に使うメリットもたくさんあります。
これまでの手洗いの常識を変える、スクラブ入りのハンドソープを使う3つのメリットを見てみましょう。

手にはどれくらいの菌が付着している?

1. ファンデーションや油汚れなど……落ちにくい汚れがスッキリ!

メイクのあとやお料理をしたあとは、ファンデーションや油が手にべっとりとついてしまうもの。
指紋や手のシワに汚れが入り込むと、一度洗っただけではなかなか落ちてくれませんよね。

しかし、スクラブ入りのハンドソープを使えば、しつこい汚れでもスッキリと落とすことができます。
細かい粒子のスクラブが指紋やシワの隙間に入り込み、汚れをかき出してくれるのです。
植物性の天然スクラブを使用しているハンドソープを選べば、環境と肌の両方にやさしいのが嬉しいポイント。
メイクやお料理のあとだけでなく、ヘアセットやガーデニング、掃除のあとの手洗いにもおすすめです。

2. 汚れ落ちがいいから手洗いの時短OK!

手洗いのとき、汚れやベタつきが落ちるまで何度もゴシゴシと手をこするのは面倒ですよね。
つい面倒な気持ちが勝って、汚れが完全に落ちないままにハンドソープを洗い流してしまうという方もいるのではないでしょうか。
そんな面倒な手洗い時間を短縮するためにも、スクラブ入りのハンドソープが活躍してくれます。
スクラブが入っていることで頑固な汚でも落ちやすくなり、サッと手を擦り合わせるだけで手を清潔な状態にすることができるのです。
手洗いを面倒がるお子さんや子育て中でバタバタのお母さん、忙しい朝の手洗い時にもぴったりのハンドソープです。

3. 洗うたびしっとりなめらかな手肌が目指せる

日頃から酷使している手には、汚れの他にも古い角質が蓄積しています。
これは普通のハンドソープの泡だけではなかなか取り去ることはできません。
しかし、スクラブ入りのハンドソープなら、汚れとともに古い角質もオフしてくれるので洗うたびに柔らかでツルツルの手肌が手に入ります。
角質が取れるとくすみもオフさせるので、ワントーン明るい手肌を目指すこともできますよ。

また、ハンドクリームでのハンドケア前の手洗いにもスクラブ入りのハンドソープが大活躍。
汚れや角質など、余分なものをしっかりと落として手肌を柔らかな状態に整えてくれるので、ハンドクリームがなじみやすくなります。 年齢が出やすいといわれている手元だからこそ、手洗いから見直してケアをすることが大切なのです。

お料理の前やお手洗いのあと、お出かけ後やお掃除後など、手を洗う場面はたくさんあります。
そんな手洗い時に、新感覚のスクラブ入りハンドソープを取り入れれば楽しい気分をもたらしてくれるでしょう。
手を洗うたびに、美しく清潔な手肌に整います。 弊社のスクラブ入りハンドソープは、スクラブ剤に加えてココナッツオイルも配合されているため、手肌のうるおいも守ります。
香りもさまざまなスクラブ入りハンドソープで、毎日の手洗いをお楽しみください。

すっきり洗浄!おすすめハンドソープはこちら

  • 2019.03.01
  • 11:57

身体に良いシャワー・お風呂の温度は何度?

身体に良いシャワー・お風呂の温度は何度?

夏はさっぱりしたいからぬるめのシャワーを浴びる、反対に冬は寒いから少し熱めの温度が良い、という方が多いのではないでしょうか。
入浴時のお湯の温度にこだわりがある人は少なくありませんが、お肌のためにお湯の温度に気を使っているという方はどのくらいいるでしょう。
今回は、お湯の温度が変わることで体にはどのような影響が与えられるのか、その違いをご紹介いたします。

36度程度のぬるめのお湯の場合

夏の暑い日には、体温と同じくらいかそれよりも低めの温度設定にしている、という方も多いでしょう。
人肌程度の温かさは、体にとってとても良い温度だと言われています。
皮脂を洗い流しすぎない温度なので、乾燥肌対策にも効果的です。
熱いお湯で必要な皮脂まで洗い流してしまうことで一気に乾燥が進み、かゆみや炎症の原因になってしまうことも珍しくありません。
しかし、皮脂を洗い流しすぎないという点で肌にやさしい温度ではありますが、洗髪などには少し温度が低すぎます。
低い温度では頭皮の汚れを落としきれずに、べたつきが残ってしまうことがあるのです。

推奨されている38度から40度のお湯は?

一般的に、シャワー・入浴どちらも38度から40度程度の温度のお湯を使うことが推奨されています。
熱すぎずぬるすぎないこの温度は、体を効率的に温めて心地よさを与えてくれます。
体温よりも少し高めの温度だと、必要な皮脂は残しつつ頭皮などの汚れはしっかり取り除いてくれるので、頭を洗うのには最適だと言えるでしょう。
冬になるとこの温度では物足りなさを感じるかもしれませんが、少しぬるめのお風呂に首までつかることで、体全体を温めてあげることができます。

40度以上の少し熱めのお湯は?

冬場は40度から42度ほどのお湯が気持ちいい、と感じる人も少なくありません。
確かにこのくらいの温度のお湯だと、すぐに体が温まるので気持ち良さも感じます。
しかし温まっているのは体の表面だけで、体の内側までは温まりきっていません。
洗髪には熱めのお湯が効果的だと40度前後のお湯が推奨される場合もあるようです。
汚れを一気に落として毛穴をすっきりさせるという効果があるようですが、頭皮の乾燥を招き過剰な皮脂の分泌につながってしまう恐れの方が多くなるため注意が必要です。

いかがでしたか?
お風呂やシャワーの温度の違いで、身体にどのような変化があるのかをご紹介いたしました。
熱すぎるお湯で必要な皮脂まで洗い流してしまうと肌のバリア機能が衰え、かゆみや炎症などのトラブルを起こしやすい肌質になってしまうこともあります。
熱すぎず、冷たすぎないちょうどよい温度で体をいたわってあげてくださいね。

すっきり洗浄!おすすめハンドソープはこちら

  • 2019.03.01
  • 11:58

ヴァージンココナッツオイルがすごい! その魅力とハンドケア活用法

  • home
  • コラム一覧
  • ヴァージンココナッツオイルがすごい! その魅力とハンドケア活用法

ヴァージンココナッツオイルがすごい!
その魅力とハンドケア活用法

メディアで特集されたのをきっかけに完売するお店が続出したココナッツオイル。

料理に使うことができるのはもちろん、保湿効果が高くスキンケアにも使えると評判です。
なんと、世界的に活躍しているモデル、ミランダ・カーも愛用しているんだとか!

ここでは、そんなココナッツオイルの魅力をたっぷりご紹介したいと思います。

ココナッツオイルとヴァージンココナッツオイル

ココナッツオイルには、ココナッツオイルとヴァージンココナッツオイルの二種類があります。
ココナッツオイルは高温精製し、漂白したり脱臭したりしているので、ココナッツ独特の香りが苦手な人でも使いやすくされたものです。

ヴァージンココナッツオイルは、無精製で無添加、さらに非加熱で抽出しているので、ココナッツが本来持っている力がそのまま残っています。
添加物を使っていないとてもフレッシュな状態のココナッツオイルと言えばわかりやすいでしょうか。
どちらもココナッツオイルに変わりはありませんが、より安心して使えるのはヴァージンココナッツオイルといえるでしょう。

ヴァージンココナッツオイルが持つ力

ヴァージンココナッツオイルは、約70%が体内の脂肪を分解してくれる中鎖脂肪酸でできています。
そのため、すでについてしまっている脂肪も一緒に燃焼させる効果があると期待されているのです。

また、アンチエイジングに効果的なビタミンEやラウリン酸もたっぷり入っているので美肌にも効果的。
添加物は入っていませんが、オイルを長期間にわたって安定させる飽和脂肪酸が入っているので、無添加でも安心して使えるんです。

全身に使えるヴァージンココナッツオイル

ヴァージンココナッツオイルは食用にも使えるほど安全なものなので、もちろん全身のスキンケアにも使えます。
リップケアやヘアケアもヴァージンココナッツオイルさえあればOK!

乾燥する時期には、ハンドケアに使うのもおすすめです。
手の甲や指の間にまんべんなくヴァージンココナッツオイルを塗りこみ、ビニールの手袋などをして10~15分ほど放置します。

手がしっとりしてきたら、ぬるま湯ですすぐか、蒸しタオルでふき取るだけ。
皮膚の中にしっかり浸透していきますので、べたつくハンドクリームが苦手という人には特にやってみてほしいと思います。

美容にも健康にもいいと言われるヴァージンココナッツオイル。
コーヒーに入れて飲んでみたり、スキンケアに活用してみたり……と、使用の幅が広いのは大きな魅力です。

最近では手に入りにくいということもなくなっていると思いますので、ぜひ一度試してみてくださいね!

ヴァージンココナッツオイル配合!おすすめハンドソープ

ハンドソープはどのタイプを使えばいいの?タイプ別メリット紹介

  • home
  • コラム一覧
  • ハンドソープはどのタイプを使えばいいの?タイプ別メリット紹介

ハンドソープはどのタイプを使えばいいの?
タイプ別メリット紹介

みなさんは、帰宅後や食事前の手洗いをしっかりと行っていますか?
手を洗う際に重要になってくるのがハンドソープ。

ただ水で洗っただけでは菌はほとんど落ちません。ハンドソープを使ってしっかりと手を洗うことで、ようやく菌を落とすことが出来ます。
ですが、一口にハンドソープと言ってもさまざまな種類がありますよね。

今回は、それぞれのタイプのメリットについてお話します。

固形石鹸を使用するメリット

石鹸の元祖と言えば固形石鹸です。
固形石鹸は、動植物の油脂と水酸化ナトリウムを反応させることで出来る「石鹸素地」が主成分となっています。
固形石鹸の特徴は、石鹸素地以外にほとんど成分が含まれていないことです。

泡立てる手間があることなどから敬遠されがちですが、余分な成分が含まれていない分、肌への負担は少ないと言えます。
その他に、価格が安い、洗浄力が優れているなどのメリットが挙げられます。

液体石鹸を使用するメリット

現在、ハンドソープとして使用される石鹸の主流になっている液体石鹸。
ほとんどのものが、動植物の油脂と水酸化カリウムを反応させることで出来る「カリ石鹸素地」が主成分になっています。
液体石鹸を使用するメリットは、溶かす手間がなく泡立てやすいということです。

また、さまざまな商品が販売されているため、香りや洗い心地などを好みに合わせて選ぶことが可能です。

泡タイプのハンドソープを使用するメリット

取り扱いの手軽なハンドソープから、さらに泡立てる手間を取り払った泡タイプのハンドソープは、小さな子どもがいる家庭に人気があります。
初めから泡で出てくることで、子どもでもすみずみまでハンドソープを行き渡らせることが可能です。

しかし、固形石鹸や液体石鹸に比べると水分量が多く、洗浄力はあまり高くないため、しっかりと手をこすり合わせて洗うことが重要になります。

スクラブタイプのハンドソープを使用するメリット

液体石鹸にスクラブの入ったハンドソープのメリットは、高い洗浄力が得られることです。
油分や土などの頑固な汚れは、通常の手洗いではなかなか落とすことが出来ません。
ですが、スクラブタイプのハンドソープなら、手のシワや指紋などの細かい部分に入り込んだ汚れも簡単に落とすことが出来ます。

業務用のものに多く、一般にはあまりなじみのなかったスクラブタイプのハンドソープですが、最近は家庭でも使いやすいものが販売されるようになり、人気を集めています。
ただし、手に怪我をしている時や肌荒れしている時などは使用を控えるようにしましょう。
高い洗浄力に、保湿力や心地よい香りが加わったスクラブタイプのハンドソープ。
まだ使ったことがないという方はぜひ一度使ってみてください。

いかがでしたか。
それぞれのタイプにメリットやデメリットが存在するハンドソープ。
肌の状態や使用環境を考え、自分に合ったものを選んで使用するようにしてくださいね。

よく落ちる!スクラブハンドソープ

コラム一覧

  • home
  • コラム一覧

コラム一覧

バスタイムや、日頃のスキンケアに役立つような情報をご紹介します。
定期的に更新していきますので、どうぞお楽しみに。

ふんわり優しく香る「ボディミスト」の付け方って?

いい香りに包まれていると、気分がリラックスしたり、幸せな気分になったりしますよね。
自分自身が良い香りだと、テンションも上がります。
香水も素敵だけど、手軽に良い香りを楽しめる「ボディミスト」もおすすめです。
ここでは、ボディミストの特徴や付け方のポイントをご紹介します。

続きを読む

夏までに自信をつけよう。輝く素肌を手に入れるためのボディケア方法

柔らかくなめらかな肌は、女性を美しく見せてくれるもの。
とくに夏は肌の露出が増えるため、ボディケアが必須です。
ボディケアの基本といえる“洗浄”と“保湿”の方法を見直して、夏の太陽に負けない輝きを放つ美しい素肌を手に入れましょう。
今回は、夏に向けて取り入れるべき、体の洗い方と保湿方法をご紹介いたします。

続きを読む

新常識! つぶつぶのスクラブ入りハンドソープを使うメリット3つ

美しい手を保つためにハンドクリームにこだわる方は多いですが、その1つ前のハンドソープにまでこだわる方は少ないもの。
しかし、手洗いこそハンドケアの第一歩といえます。美しく清潔な手をキープするためには、ハンドソープにこそこだわって汚れをきちんと落とすことが大切です。

続きを読む

身体に良いシャワー・お風呂の温度は何度?

夏はさっぱりしたいからぬるめのシャワーを浴びる、反対に冬は寒いから少し熱めの温度が良い、という方が多いのではないでしょうか。
入浴時のお湯の温度にこだわりがある人は少なくありませんが、お肌のためにお湯の温度に気を使っているという方はどのくらいいるでしょう。
今回は、お湯の温度が変わることで体にはどのような影響が与えられるのか、その違いをご紹介いたします。

続きを読む

放置してはダメ! 手の常在菌と悪い影響を与える菌

風邪を予防するには、手洗いうがいが欠かせませんよね。
それはなぜかというと、手にはたくさんの菌がついており、何かを食べたりすることでその菌が体内に入ってしまうからです。

手に付着している菌にもさまざまな種類がありますが、すべてが悪い菌というわけではありません。
しかし、放置しておくと病気等の原因となることはもちろんありますので、手につく菌について知っておくことが大切です。

続きを読む

ヴァージンココナッツオイルがすごい! その魅力とハンドケア活用法

メディアで特集されたのをきっかけに完売するお店が続出したココナッツオイル。

料理に使うことができるのはもちろん、保湿効果が高くスキンケアにも使えると評判です。
なんと、世界的に活躍しているモデル、ミランダ・カーも愛用しているんだとか!

続きを読む

ハンドソープはどのタイプを使えばいいの?タイプ別メリット紹介

みなさんは、帰宅後や食事前の手洗いをしっかりと行っていますか?
手を洗う際に重要になってくるのがハンドソープ。

ただ水で洗っただけでは菌はほとんど落ちません。ハンドソープを使ってしっかりと手を洗うことで、ようやく菌を落とすことが出来ます。

続きを読む

ページトップへ