コラム一覧

アルコール消毒や家事の増加で手荒れが増加している? 手を労わるハンドケア方法

  • home
  • コラム一覧
  • アルコール消毒や家事の増加で手荒れが増加している? 手を労わるハンドケア方法

アルコール消毒や家事の増加で手荒れが増加している? 手を労わるハンドケア方法

昨今では感染予防対策のためのアルコール消毒や手洗いの増加に加え、ステイホームの傾向によって家事の機会も増えています。こうした習慣の変化によって手肌のダメージにお悩みの方も多いのではないでしょうか。ダメージが蓄積すると手荒れの原因になってしまうため、できることなら対策をしておきたいですよね。 今回は、手荒れのメカニズムや手を労わるハンドケア方法についてご紹介します。手が乾燥しやすい方、手荒れに困っている方は参考にしてくださいね。

アルコール消毒や手洗い・家事で手荒れが増加している?

わたしたちの肌は「皮脂膜」と呼ばれるベールで覆われています。この皮脂膜は雑菌やカビなどの外からの刺激を防ぎ、肌の水分が外へ逃げてしまうのを防ぐ働きがあります。皮脂膜は一時的に失われてしまっても、健康な肌であればふたたび再生されるのが特徴です。

しかし、アルコール消毒や手洗い、洗剤を使った家事などを頻繁におこなうと、肌に必要な皮脂膜が少しずつ失われていきます。これらには脱脂作用(油を溶かす作用)があるためです。
皮脂膜がはがれた状態の肌は、角質層が乾燥しやすくなり、外からの刺激に敏感になっていきます。ヒリヒリとした痛みやかゆみなどの手荒れが起こりやすくなるのです。さらに、人によってはアルコールやハンドソープ、洗剤の成分にアレルギー反応を起こして湿疹や皮膚炎を起こすこともあります。

頻繁にアルコール消毒・手洗い・家事などで乾燥した肌は、角質層が厚く固くなって「ひび割れ」「あかぎれ」を起こすことも。つらい手荒れを防ぐには、日ごろからハンドケアを心掛けることが大切です。

今だからこそ知りたい、手肌へのダメージを防ぐ方法は?

手肌へのダメージを最小限に抑えるには、次の対策を心掛けることが大切です。日ごろからハンドケアをおこない、美しい手肌をキープしましょう。

こまめに保湿をする

手荒れは手の皮脂が奪われることで発生しやすくなります。アルコール消毒や手洗い、掃除のあとには、ハンドクリームなどで手をしっかりと保湿しましょう。軽い乾燥程度であれば、こまめな保湿で改善することも多いです。特に乾燥が気になる方は、尿素やヤギミルクなどの成分が入ったものがおすすめです。


お湯ではなくぬるま湯や水で洗う

お湯は油性の汚れが落ちやすくなるメリットがありますが、手に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。手洗いの際はぬるま湯や水で洗うようにしましょう。もし洗い物や掃除などでお湯を使う場合は、手袋をして手を守ってあげるのもポイントです。


保湿効果の高いハンドソープを使う

手洗いの際に使うハンドソープは、保湿効果の高いタイプがおすすめです。洗浄効果が気になる方は、スクラブ入りのハンドソープもよいでしょう。
「ジョイココ スクラブハンドソープ」は、アボカドとアンズの天然スクラブを配合した手にやさしいハンドソープです。料理や家事のあと、メイク後の汚れやベタつきが気になる手もしっかりと洗い上げてくれます。さらに、バージンココナッツオイルがベールのように手肌を保湿し、乾燥や手荒れから守ってくれますよ。
洗うたびにうるおいを与えてくれるうえ、ほんのりいい香りが残るので気持ちもすっきり。気分が上がるアイテムを使えば、前向きな気持ちになれます。

    

アルコール消毒で荒れがちな手に! 肌をいたわるハンドソープを選ぼう

アルコール消毒や手洗い、家事などでダメージを受けがちな昨今は、肌を労わることが何よりも大切。手荒れがひどくなってしまうと、消毒や手洗いで痛みを感じるようになってしまうことも。
手の乾燥やダメージが気になる方は、保湿などのこまめなハンドケアとともに、保湿効果の高いハンドソープに変えてみてはいかがでしょうか?

ページトップへ