コラム一覧

手の洗い方を再確認して、清潔さと美しさをキープしよう!

  • home
  • コラム一覧
  • 手の洗い方を再確認して、清潔さと美しさをキープしよう!

手の洗い方を再確認して、清潔さと美しさをキープしよう!

手洗いは、日々何度も行う習慣。そのため、洗ったことに満足して、実は目に見えない汚れが残っているケースが多いといいます。
手に付着した雑菌を家に持ち帰り、食べ物を触ったり寝具に付着させたりすると、知らず知らずのうちに病気に感染してしまいますよね。
正しく手を洗うだけで、菌やウィルスによる感染は大幅に防げます。
いま一度、ゴシゴシ洗うだけでなく、正しく効果的な洗い方をチェックしてみましょう。

手の洗い方のポイント

手の洗い方で重要なポイントは、2点あります。


手のすみずみまで洗う

手のひらだけでなく、指先や指の間、手の甲や手首までしっかり洗いましょう。
特に、親指と人差し指の間のくぼみや、指の付け根、爪のまわりに雑菌は溜まりやすくなります。
洗い残しのないよう、石鹸を使って丁寧に洗いましょう。
食べ物を食べる前などは、特に指先に付着した雑菌が口に入りやすくなります。


清潔なハンドソープとタオルを使う

固形石鹸にはバクテリアが集まりやすいので、効果的に手を洗うためにはポンプ式の液体ハンドソープを使うのが良いでしょう。
また、せっかく洗ったのに汚れたタオルで拭くのでは手洗いの意味が半減されてしまいます。
タオルはこまめに取り換え、清潔に保ちましょう。

正しい手の洗い方(手順)

具体的な手洗いの手順は、以下のとおりです。

1.流水で手を十分に濡らします
2.ハンドソープを手にとり、しっかり泡立てます
3.手のひらをこすります。
4.指を広げて指と指の間もよくこすります。(付け根も忘れずに!)
5.左手を裏返し、左手の手の甲を右の手のひらでこすります。
6.こきざみにこすりながら手の甲から指先に向かい、左手の指を軽く曲げて爪まわりを右手でもむように洗います。
7.左手の親指を右手でにぎり、クルクルと回しながらこすります。(付け根も忘れずに!)
8.左手首を右手でにぎり、同ようにクルクルと回しながらこすります。
9.5~8を反対の手でも行います。
10.流水で充分にすすぎ、しっかりと水分を拭き取ります。

手を清潔で美しく保つために

難しそうに見えても、正しい洗い方をマスターすれば、30秒程度で清潔さをキープすることができます。
なかには、ハンドソープで手の甲を洗うことで手の潤いが失われることを心配して、手洗いがおろそかになっている人もいるかもしれません。
そんな場合は、潤い成分の入っているハンドソープを選ぶようにしましょう。
バージンココナッツオイルやグリセリンなどが入っているハンドソープは、手洗い後の肌をしっとりと保湿してくれます。日頃から乾燥が気になる方にはとくにおすすめです。

また、スクラブ入りのハンドソープであれば、1回の手洗いでしっかりと汚れを落とすことができます。
なかなか落ちない料理などの油汚れ、ガーデニング後の泥汚れ、メイク後の汚れなど、頑固な汚れもスッキリときれいに落ちるので、何度も手洗いをしたくない方にぴったり。
日々の手洗いにとても役に立ってくれます。
手の洗い方と一緒に、日頃より使用するハンドソープも見直してみてくださいね。

すっきり洗浄!おすすめハンドソープはこちら

ページトップへ