Joy.coco オリジナル今治タオル
 

コラム一覧

ファンデーションの種類、いくつ知ってる?

ファンデーションの種類、いくつ知ってる?

ファンデーションにはパウダーやリキッドなど、さまざまな種類がありますが、どれを選ぶのが正解なのでしょうか? ここでは「自分にぴったりのファンデーションが知りたい!」という方のために、ファンデーションの種類や特徴などをご紹介します。

ファンデーションにはどんな種類がある?

ファンデーションにはいろいろな種類があり、それぞれ異なる特徴とメリットがあります。


パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは細かな粒子のパウダーで作られていて、肌をふんわりと見せてくれます。
パウダーが肌にフィットしてサラサラの質感になるため、肌のテカリが気になる脂性肌の方や、マットな仕上がりが好きな方にぴったりのファンデーションです。
パウダータイプはコンパクト状で持ち運びがしやすいのがメリットですが、他のタイプに比べるとカバー力は少々低めです。しっかりとカバーしたいときには、コンシーラーを併用しましょう。


リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは、水分や油分が多く含まれる液状のファンデーションです。
持ち運びがしにくく手が汚れやすいことや、肌になじませる際に少しコツが要るといった難点もありますが、乾燥しにくくツヤが出るのが最大のメリット。カバー力も高く、肌にしっかりとフィットしてくれるので崩れにくいのもうれしいポイントです。乾燥肌の方やナチュラルに仕上げたい方にぴったりです。


クリームファンデーション

クリームファンデーションはリキッドタイプよりも油分を多く含んでいて、テクスチャーは固め。その分カバー力は高いので、シミやそばかす、ニキビ跡、くすみなどに悩んでいる方に向いています。肌の色ムラをきれいにカバーしてくれるので、赤ら顔などにお悩みの方にもおすすめです。


エマルジョンファンデーション

クリームファンデーションを練って固形にし、ファンデーションパクトに充填したものをエマルジョンファンデーションといいます。保湿力やカバー力に優れているのにベタつきにくいことや、コンパクトタイプで手が汚れにくく、外出先でも使いやすいという特徴を持っています。
ただし塗るのに少しコツがあり、ムラになったり厚塗りになったりすることもあるので、扱いに慣れる必要があります。


クッションファンデーション

クッションファンデーションは近年注目が高まっているファンデーションです。リキッドファンデーションをクッションに浸透させてあり、ポンポンと広げて塗ることで簡単にナチュラルなツヤ肌が手に入ります。
手を汚さずにファンデーションを塗ることができ、叩き込みながら塗ることで肌への密着度もアップ。カバー力もほどよくあるので人気が高まっているアイテムです。

近年の注目は「クッションファンデーション」!

さまざまなファンデーションの中でも、特に注目を集めているのが「クッションファンデーション」です。
リキッドタイプやクリームタイプよりも軽いつけ心地で、パウダータイプよりツヤ感が出るので、ファンデーションが苦手な方でもチャレンジしやすいですよ。
コンパクト型になっているので、お化粧直し用に持ち運びやすいというメリットもあります。

クッションファンデーションを塗るときは、顔の広い部分から軽くポンポンと叩くようにして広げていくのがポイント。こうすることでファンデーションの厚塗りやムラができにくくなります。
おでこの生え際やフェイスラインは、パフに残った少量のファンデーションをなじませる程度でOKです。
鼻や口周りなどの細かな部分はパフを半分に折り曲げてなじませるのがポイント。凹凸にフィットしてきれいに密着させることができます。

便利なBBクッションファンデーションを使ってみよう!

今や主流になりつつあるクッションファンデーション。いろいろな種類がありますが、新しくクッションファンデーションを選ぶのなら、メイク下地や日焼け止めなどを兼ねた「BBクッションファンデーション」を選ぶのがおすすめです。BBならではのカバー力が得られるうえ、1ステップでベースメイクができるので時短になります。忙しい朝のメイクにもとっても便利ですよ。

ページトップへ